特許事務所 意匠支援室
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2丁目北
2番6号  大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー










初めての方へ

「意匠」というと何か難しそうな印象を持たれるかも知れません。しかし、「意匠」を英語にすると「design」です。したがって、「意匠」をわかりやすく言えば「商品のデザイン」ということになります。

最近、商品のデザインが注目を浴びています。技術が進歩したことによって、どの商品でも性能に大きな差がなくなってきたため、性能よりもデザインを重視する消費者が増えてきているからです。その結果、デザインの良い商品がヒットして売上げを伸ばしていることが少なくありません。

しかし、ヒットしている商品のデザインを真似した商品が販売されることがあります。この「デザインの真似」を認めてしまうと、せっかく良いデザインを開発したにもかかわらず、デザイン開発者が十分な利益を得ることができなくなります。

そこで、このような「商品のデザイン」を財産として守るのが「意匠権」です。

この「意匠権」をとるためには、「出願」をして登録を受けることが必要です。「意匠権」をとっておくと、あなたのデザインを他人は真似できなくなります。あなたのデザインと同じデザインの商品を販売する人がいれば、その商品の販売を止めるよう請求することができるのです。

しかし、逆に、「意匠権」をとっておかないと、あなたのデザインと同じようなデザインについて他人に先に「意匠権」をとられ、あなたのデザインであるにもかかわらず、販売を止めるよう請求されるおそれがあります。即ち、自分の身を守るためにも「意匠権」をとっておくことは非常に重要なのです。


このページのトップへ