特許事務所 中国支援室
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2丁目北
2番6号  大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


商標支援室
 

外国商標出願の種類

外国商標出願には、大きく分けて3種類あります。

各国直接出願(パリ優先権)
国際商標出願(マドプロ)
欧州共同体商標出願(CTM)




このページのトップへ

① 各国直接出願(パリ優先権)

  権利取得を希望される国に直接出願をすることができます。日本国で出願された商標は、出願日から6ヶ月以内であれば、優先権を主張して外国へ出願することが可能です(下記1)。また、外国でのみ商標権取得を希望される場合には、直接外国へ出願することも可能です(下記2)
各国直接出願(パリ優先権)
メリット
優先権を主張することで、外国Aでの出願が日本国の出願日に行なわれたものとして扱われます。日本出願から外国出願までの間に、第三者が外国Aにてお客様の商標と同一または類似の出願していた場合、その出願は排除されます。
各国に直接出願するので、早期権利化を期待できます(1年から2年程度)。
外国でのみ商標を使用する場合に、日本での基礎出願は不要です。

デメリット
現地代理人費用が別途発生します。




このページのトップへ

② 国際商標出願(マドプロ)

  第一に、日本国へ出願し、その後WIPOへ国際出願をします。WIPO国際事務局での審査が終了すると、国際登録が認められ、各国別の審査へ移ります。
国際商標出願(マドプロ)
メリット
1つの手続で、多数の国に同時に出願できます。
各国審査にて、拒絶理由が通知されない限り、現地代理人費用は発生しないため、費用を抑えることができます。
登録後の更新管理も一括して行われるため、管理しやすくなります。

デメリット
日本国で出願されていることが条件です。
日本国出願時と同一の商標であること、また、日本出願時の指定商品及び役務に含まれている商品等でなければなりません。
国際登録日から5年以内に、基礎となる日本国出願が拒絶されたり、登録が消滅したりした場合には、指定国への出願・登録(外国A、B、C)は全て取り消されます(セントラルアタックと言います)。この場合の救済方法としては、取り消されてから一定期間内に外国A、B、Cへの国内出願に変更することが可能ですが、現地代理人費用が別途発生します。




このページのトップへ

③ 欧州共同体商標出願(EUTM)

  欧州共同体商標意匠庁に直接出願し、商標登録が確定すれば、EUの全構成国での商標登録が認められたことになります。

*EU全加盟国とは?
欧州共同体出願(EUTM)
メリット
権利取得を希望する国を指定する必要はなく、登録と同時に全加盟国に商標権の効力が及びます。
単一出願で、複数国での登録が可能なため、費用は安くなります。
加盟国の一カ国で使用していれば、不使用により取り消されることはありません。

デメリット
EUTMの審査にて拒絶されるとEU全ての加盟国にて使用が出来ません。拒絶された後に、各国へ国内出願をすることは可能です。
加盟国の一カ国で異議申立又は無効審判が成立すると、その効力はEU加盟国の全てに影響します。
方式および絶対的拒絶のみの審査であるため、同一または類似とされる商標権者から異議申立をされる可能性があります。



このページのトップへ