特許事務所 中国支援室
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2丁目北
2番6号  大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


商標支援室
 

外国商標出願のご依頼方法


商標権の取得をご希望されるお客様は下記のフローチャートに沿って、ご確認願います。

□ 出願から登録までの流れについて

商標を使用する「商品」又は「サービス」の決定
ネーミング又はマーク(商標)の選定
出願国の決定
出願方法の選択
出願時・登録時に係る費用の確認
出願依頼
外国出願申込用紙にご記入の上FAX送信(06-6351-5664)
外国出願依頼フォームにご記入の上メール送信






このページのトップへ

指定商品・指定役務とは?

 商標出願に際しては、商標を使用する予定の商品又は役務(サービス)を指定する必要があります。出願時に指定した商品等の範囲内で他人の登録や使用を排除できますので、他人に商標を真似されたくない商品等や、将来商標を使用する可能性のある商品等を広く指定されることをお勧めします。




このページのトップへ

指定商品及び指定役務の区分とは?

 特許庁では、指定商品や指定役務をあらかじめグループごとに分けて分類しています。この分類のことを区分と言い、全部で45区分あります。出願の願書には区分を明記する必要があり、区分数によって出願費用も異なります。例えば、洋服等の商品は第25類、広告のようなサービスは第35類に分類されます。商品等を教えて頂ければ、当事務所にて適切な区分を選定致します。




このページのトップへ

登録が認められない商品、役務とは?

 実際に我々の生活では商品等として存在していても、以下の商品等は商標法上の商品等とは認められないため、登録を受けることはできません。例として、以下に該当する商品、役務は登録ができません。
① 宣伝広告用のマッチ、ノベルティ商品
② 不動産(例えば、マンション等)
③ 出前サービス、ホテル業者のバスによる送迎サービス




このページのトップへ

商標とは?

 商標とは、商品やサービスに付ける名前(マーク)のことをいいます。世間では「ブランド」という呼び方をされることも多く、私たちの日常生活においても極めて身近な存在です。
商標の種類は大きくわけて4種類あります。
(特許庁HP「日本国周知・著名商標検索データベース」より抜粋)



① 文字商標・・・ひらがな、カタカナ、漢字、欧文字からなる商標
例)

(特許庁HPより抜粋)
登録第1619331号
権利者:
任天堂株式会社
登録第4317361号
権利者:
株式会社サンリオ
登録第3023793号
権利者:
ヤマトホールディングス株式会社




② 図形商標・・・マーク、キャラクターからなる商標
例)

(特許庁HPより抜粋)
登録第0568214号
権利者:
ディズニー エンタープライゼズ インク
登録第0787554号
権利者:
森永製菓株式会社
登録第1446773号
権利者:
ルイ ヴイトン マルチエ
登録第1600636号
権利者:
フエラ-リ エス ピ- エ-
登録第4964605号
権利者:
シャネル エス アー エール エル




③ 立体商標・・・キャラクターの立体人形等からなる商標
例)

(特許庁HPより抜粋)
登録第4365296号
権利者:
株式会社くいだおれ




④ 上記①~③を組合せた商標
例)

登録第2668174号
権利者:
ザ・メンソレータム・カンパニー
登録第4372691号
権利者:
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
登録第0639873号
権利者:
大関株式会社
登録第2702901号
権利者:
日本ビクター株式会社
登録第4893374号
権利者:
アメリカン ファミリー ライフ 
アシュアランス カンパニー オブ コロンバス
登録第4094274号
権利者:
株式会社サンリオ


このページのトップへ

商号と商標の違いとは?

 商号は会社の名前であり、商号の登記をしても同一の市町村内のみしか他人の登記を排除できません。従って、登記した地域と異なる地域では、第三者が同一の商号を登記することも可能となります。
一方、商標は商品やサービスに付ける名前(マーク)であり、登録されれば、同一又は類似の商品等については、権利は1つしか存在せず、日本全国に効力が及びます。
よって、自分の商号と同じような商標が第三者に先に登録された場合には、出願しても登録は認められず、営業活動が制限される場合もありますので、商号だけでなく、商標登録されることもお勧め致します。



このページのトップへ

登録が認められない商標とは?

 商標法上では、登録を受けるためにはいくつかの要件を満たす必要があります。例として、以下に該当する商標は登録を受けることができません。
① 誰の業務にかかる商品又はサービスかわからない商標(例えば、机に「デスク」等の普通名称、「山田」「鈴木」等のありふれた苗字のみの商標等)。
② 未登録だが他人の商標として有名な商標と同一又は類似の商標で、商品や役務が競合する商標
② 他人が先に登録している商標と同一又は類似の商標で、商品や役務が重複する商標




このページのトップへ

外国で商標登録を取得する意義

一般に外国で商標登録を取得することには、2つの意義があります。

A お客様の商標と同一又は類似商標の無断使用を未然に防止し、また、商標権
  侵害者に対しては、問題となっている商標の使用を中止させる。

B お客様が、商標を合法的に使用でき、誰からも商標権侵害といわれないよう
  にする。

Aについて
侵害者に対して権利主張をしていくことが前提となりますので、主として模倣品が流通している国が対象となります。
Bについて
取引を行っている国が対象となります。特に、現地法人等がある国や、輸出量が多い国については、商標登録を取得しておく必要があるでしょう。

第三者によってお客様の商標が登録されている場合のリスク

●商標の使用ができない
-当該国ではお客様の商標を合法的に使用することができません。そうなると、お客様の商標を付した商品の
 取引をすることはできません。

●高額な費用がかかる
-第三者の商標登録を無効にしたり取り消したりすることは可能です。しかし、これらの法的手段に要する
 費用は、出願に要する費用に比して著しく高額となります。また、必ず無効等にできるとは限りません。

したがって、当該国で取引不可となる事態(リスク)を避け、お客様の商標を合法的に使用できるようにすると共に統一された態様での使用を確保するためには、当該国においてお客様の商標を登録しておく必要があります。すなわち、商標登録は、お客様の商標を用いて商売をするための一種のしかし極めて重要な保険であるということができます。



このページのトップへ

出願国の優先順位

外国へ商標出願をするためには、国内への出願に比し多額の費用がかかります。そのため、出願すべき国を適切に選別しなければなりません。

選別の参考として、どのような観点で優先順位を決めるべきか、その一例を以下に挙げます。

A. まず、営業所、現地法人等がある国をピックアップして下さい。既にお客様の
  商標が使用されていますので、第三者が商標権を侵害しているとすれば、営業
  上大きな問題となるからです。

B. 国別の輸出実績を調べ、お客様にとって主要な輸出国をピックアップしてくだ
  さい。輸出を確保するため、早急に商標出願をする必要があります。

C. 主要な輸出国には該当しないが、今後輸出量が増加する見込みがある国もピッ
  クアップしてください。優先順位は下がりますが、将来生ずるかもしれない問
  題を未然に防止するためです。

その他お客様の営業上重要な国があれば、その国についても出願する必要があるでしょう。但し、優先順位は下がります。




このページのトップへ

外国商標制度早見表


条件国名 マドプロ加盟国 パリ条約 小売役務 一出願多区分制 存続期間

米国

登録日より10年

欧州共同体

出願日より10年

台湾

×

×

登録日より10年

香港

×

出願日より10年

中国

×

×

登録日より10年

韓国

×

登録日より10年

インド

×

出願日より10年

インドネシア

×

×

出願日より10年

シンガポール

出願日より10年

タイ

×

×

×

出願日より10年

フィリピン

×

登録日より10年

ベトナム

出願日より10年

マレーシア

×

×

出願日より10年



このページのトップへ

個別出願時の詳細情報(米国)

 <出願必要書類>
  ●願書を兼ねた委任状
  ●マークプリント

 <出願に係る印紙代>
  ●$325(電子出願の場合)$375(紙出願の場合)

外国商標制度早見表に戻る


個別出願時の詳細情報(欧州共同体)

 <出願必要書類>
  ●委任状
  ●マークプリント

 <出願に係る印紙代>
  ●EURO975

外国商標制度早見表に戻る


個別出願時の詳細情報(台湾)

 <出願必要書類>
  ●委任状
  ●マークプリント

 <出願に係る印紙代>
  ●NT$4000(最大)

外国商標制度早見表に戻る


個別出願時の詳細情報(香港)

 <出願必要書類>
  ●マークプリント
  *委任状不要

 <出願に係る印紙代>
  ●HK$ 1300

外国商標制度早見表に戻る


個別出願時の詳細情報(中国)

 <出願必要書類>
  ●委任状
  ●マークプリント

 <出願に係る印紙代>
  ●RMB1000

外国商標制度早見表に戻る


個別出願時の詳細情報(韓国)

 <出願必要書類>
  ●委任状
  ●マークプリント
 <出願に係る印紙代>
  ●US$56

外国商標制度早見表に戻る


個別出願時の詳細情報(インド)

 <出願必要書類>
  ●委任状
  ●マークプリント

 <出願に係る印紙代>
  ●US$60

外国商標制度早見表に戻る


個別出願時の詳細情報(インドネシア)

 <出願必要書類>
  ●委任状
  ●マークプリント
  ●使用宣誓書(公証要)

 <出願に係る印紙代>
  ●US$55

外国商標制度早見表に戻る


個別出願時の詳細情報(シンガポール)

 <出願必要書類>
  ●マークプリント
  ●使用宣誓書

 <出願に係る印紙代>
  ●SG$306

外国商標制度早見表に戻る


個別出願時の詳細情報(タイ)

 <出願必要書類>
  ●委任状
  ●マークプリント

 <出願に係る印紙代>
  ●JP\1500

外国商標制度早見表に戻る


個別出願時の詳細情報(フィリピン)

 <出願必要書類>
  ●委任状
  ●マークプリント
  ●使用宣誓書(公証要・出願から3年以内)

 <出願に係る印紙代>
  ●US$56

外国商標制度早見表に戻る


個別出願時の詳細情報(ベトナム)

 <出願必要書類>
  ●委任状
  ●マークプリント

 <出願に係る印紙代>
  ●US$57

外国商標制度早見表に戻る


個別出願時の詳細情報(マレーシア)

 <出願必要書類>
  ●マーク所有権宣誓書(公証要)
  ●マークプリント

 <出願に係る印紙代>
  ●RM250

外国商標制度早見表に戻る

このページのトップへ